ドコモ光ドコモ光<最強に充実しているプロバイダとは>

ドコモ光のプロバイダーで一番最強のプロバイダを選び抜く

これからドコモ光の導入を検討している人はプロバイダに悩むかと思います。キャッシュバックが高くて、口コミがよくて、回線が安定しているプロバイダを選びましょう。

当サイトでは回線業者の営業をしていた私がドコモ光で最強のプロバイダーを厳選しています!

ドコモ光のプロバイダーの中で、月額料金の安さや、キャッシュバックの高額さ、オプションの豊富さなどあらゆる切り口から多角的に分析していきたいと思います。

キャッシュバックが受け取れなかったりする悪質なプロバイダーなどから身を守るためにも、いろいろな知識を身につけておきましょう!

ドコモ光で一番特典が多くて安いプロバイダ

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

なぜかというと、ドコモ光のすべてのプロバイダの中で回線のスピードや安定性の口コミが高評価で、オプション不要で2万円もキャッシュバックがもらえたり、ユーザーにとってとにかくお得なメリットが多いです。

ちなみに、ドコモ光と契約するときはプロバイダではなくて代理店から契約するのはやめておきましょう。

代理店がおすすめできない理由としては、キャッシュバック申請の手続きが複雑になっていて、振り込まれるまでに半年や1年以上かかってしまうからなんです。

詳しいことは当サイトで解説しています。

ドコモ光を検討中で、GMOとくとくBBから申し込みたいという人は、下記のページから申し込めば簡単にキャッシュバック手続きを済ますことができます。

プロバイダを比較することによって得られるメリットとは?

プロバイダ各社を比較検証する前に、プロバイダの違いについて解説していきたいと思います。

光回線自体はドコモ光だったとしても、プロバイダーを変えるだけで次のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックキャンペーンの総額、ルーターが無料かどうか、回線の実測スピードなど。

何を根拠に選んでいけばいいのか一つずつ見ていきましょう。

選び方1 月額料金が安いタイプかどうか

そもそもとしてドコモ光はどこのプロバイダで契約するかによって月額料金が違ってきます。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実は上記のタイプの違いというのは、プロバイダ各社とドコモがどういう契約をしているかによるだけなのです。

タイプAでもBでも回線速度が速いとかの違いはないので、正直どちらを選んでも変わりません。

タイプAの方が数百円安いのですが、1年、2年という長期スパンで考えると何千円もの違いになるので、安い方を選びましょう。

もっと高いタイプのCやDなどもありますが、Bと同様に違いはありませんので、とくに契約する必要性もないと思います。

選び方2 回線速度は速くて安定しているかどうか

選び方の2つめとしては、回線の品質がいいか悪いかをチェックするという方法があります。

ドコモ光は最高速度が1Gbpsとなっています。ですが、これは理論値での最高速度に過ぎません。

インターネット回線の本当の回線スピードを知るためには、実際の利用者の口コミなどを見るのが信頼に値すると思います。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記のようにドコモ光はプロバイダ各社によって50Mbpsくらい違ってきます。

ではなぜこれだけの差が生まれるのでしょうか?それは最新のv6という規格に対応しているかどうかの違いなんです。

他にもWi-Fiルーターの端末の最新機種を使っていたり、プロバイダの設備などによっても違いが生まれます。

選び方3 ルーターが無料かどうか

他には、ルーターが無料でレンタルできるプロバイダかどうかをチェックしましょう。

現在はほとんどの人がスマホでフリースポットのWi-Fiなどを使っていると思います。

プロバイダによってはWi-Fiルーターの端末を無料でもらえるところと、自分で用意しないといけないところがあります。

Wi-Fi端末を無料で貸し出してくれるプロバイダには次のようなものがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットでは端末をレンタルすると毎月約300円、購入すると7000円くらいかかってしまいます。

もっといってしまうと、端末選びを間違えると回線の安定性が悪くて、接続できなかったりというトラブルに見舞われることもあります。

端末について詳しくわからないという人は、無料で端末をレンタルしているところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックキャンペーンの豪華さ

選び方の4つめのコツとしては、キャッシュバックキャンペーンをやっているかどうかです。

キャッシュバックを比較してみたところ、以下のようなプロバイダがキャッシュバックをしています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

上記にはのっていないプロバイダでドコモ光を契約したとしてもキャッシュバックをもらうことはできません。

プロバイダ各社どこを選んだとしても、ドコモ光の月額料金基本プランや最高速度などは違いがありません。なので、一番得するところを選びましょう!

ちなみに、どのプロバイダからドコモ光を契約したとしても、ドコモ光本体が行っている工事費無料キャンペーンは適用することができるのでご安心ください。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

ここまでのプロバイダの選び方4つを踏まえた上で主要なプロバイダを比較してみましょう。

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべてを踏まえて一番おすすめのプロバイダはやはり「GMOとくとくBB」ですね。キャッシュバックも高額な部類に入って、回線速度も速くて、端末も無料です。

最近のコロナでテレワークやオンライン会議など、安定的な高速インターネット環境というのはとても重要な要素になってきています。

インターネットをせっかく使うのであれば、回線速度が安定しなかったり、遅かったりというのは少なくしたいものですね。

一番おすすめのプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」です

ドコモ光でとにかくおすすめなのがGMOとくとくBBですね。回線速度も申し分なくてキャッシュバックも高くて、その他のキャンペーンも充実しています。

パソコンだけでなくてタブレットやゲーム機などでもWi-Fiを使いたい人のために、高速の最新機種をレンタルしてくれます。

GMOとくとくBBはプロバイダの公式サイトから契約するのが一番おすすめです。下記のリンクから申し込むと2万円のキャッシュバックがもらえます!

GMOとくとくBBのメリット3つ

メリット1 口コミがよくて回線が安定している

GMOとくとくBBはサイト上で、実際の利用者の速度を毎月公開しています。全国平均で下りが約345Mbps、上りが約300mpbsとなっています。

他社のプロバイダでは基本的に速度は後悔されていないので、GMOとくとくBBは通信速度に対して圧倒的な速さと自信をもっています。

公式サイトのデータだけではなくて、SNSなどの口コミも参考にしてみると、600Mbpsくらいでているひともたくさんいるくらいです。

GMOとくとくBBに直接、なぜこんなにも回線速度が速くて安定しているのか問い合わせて見たところ、設備投資をかなりしているとのことです。

また他にも、ニンテンドースイッチやPS4などのオンラインゲーム機などでも快適さが抜群だという口コミが寄せられています。

おうち時間が増えている昨今では、快適なインターネット環境というものがとても大切になってきているので、できる限り早いプロバイダが欠かせません。

メリット2 高性能な高額のWi-Fiルーターを無料レンタル!

GMOとくとくBBではamazonや楽天などで購入すると、高価なルーター端末を無料で貸してくれます。

この高級なWi-FiルーターはGMOとくとくBBの方で初期設定が終わった状態で届くのですぐ使うことができるのです。

パソコンの設定などに詳しくないという人は、このサービスはとてもありがたいと思います。

ドコモ光の工事日程が決まると、Wi-Fiルーターの手続き案内が届きます。

光回線の工事が終わったらすぐに使えるように、ルーターのSMSが来たらすぐに手続きをしておきましょう。

メリット3 オプションつけなくても2万円の現金

ドコモ光をGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込みをすると、オプションがなくて2万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

たとえばキャッシュバックがギフト券やポイントだったりするところもありますが、こういうところはそのお店でしか使えないので利便性が悪くて、現金でのキャッシュバックがもらえるプロバイダが一番おすすめです。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額の高さだけではなくて、振り込みまでも早いですし、商品券などではなくて現金なので、何もかも優れています。

GMOとくとくBBにもデメリットがある

デメリット1 速度が遅くなることもある

回線速度が超高速だと有名なGMOとくとくBBですが、たまには遅くなってしまうこともあります。

インターネットのスピードはその住宅が建っている立地や部屋の場所や周辺のマンション構造などによっても大きく違ってくるので、実際に回線を引き込んで使ってみるまではわからないこともあります。

ですが、工事の時間やお金などをさいて光ファイバーを導入したわけですから、できる限り早いほうがいいに決まっています。

ネット回線を使っていてたまに遅くなってしまったら、v6プラスに切り替わっているかを調べてみましょう。

GMOとくとくBBの回線速度が遅いときは、v6プラスで接続できているかチェックできるサイトにアクセスして、v6プラスで接続されているかを確認しましょう。

v6プラスというのは、GMOとくとくBBから無償でレンタルしているWi-Fi端末を持っていればつなぐだけで使うことができます。

v6プラス接続で使っているユーザーの口コミなどを参考にしてみると、実際に変えてみたらかなり早くなったという口コミが多数寄せられています。

上記のチェックサイトでv6プラス接続が確認できたのにもかかわらず、回線速度が遅いままだった場合はWi-Fiルーターの端末を電源を入れ直してみましょう。

デメリット2 キャッシュバックの申請に注意が必要

GMOとくとくBBは、光ファイバーが開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内通知メールが送られてきます。

ですが、このキャッシュバックの案内メールが届くのは、いつも自分が使っているメールではなく、GMOとくとくBBを契約したときに登録したメールアドレスになります。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

以上のようなことから、ドコモ光が開通したらキャッシュバックの案内メールが送られてくる時期をカレンダーに記しておきましょう。

キャッシュバック申請は期限があって、メールが到着した翌月の末日までとなっております。経過してしまうともらえないので注意しましょう。

ドコモ光のプロバイダを変更するには?

ドコモ光のプロバイダ変更方法や費用を確認しておきましょう。

もしもプロバイダが自分にあわなかったときは、次の手順で変更が可能です。

1,電話でカスタマーセンターに変更を申し込む

2,書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

ちなみに、ドコモお客様サポートセンターは、ドコモのスマホを持っているのであれば151でつながります。

お客様センターが混み合っていてつながらないときは、ネットから予約するという手もあります。

ドコモ光のプロバイダを変更すると手数料が3300円かかるのでご了承ください。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダでキャンペーンが豊富で一番得するプロバイダを選び抜きましょう。

そもそも、ドコモ光は契約するプロバイダによってキャンペーンや回線速度や安定性などが違ってきます。

数あるプロバイダの中でも、とくに高額なキャッシュバックがあって、月額割引もあって、回線スピードも安定性も抜群なのが、「GMOとくとくBB」です。

当サイトでは光回線のプロバイダを知り尽くした管理人の私が、あらゆる視点から徹底比較した最強のプロバイダを厳選しています!

当サイトを一読していただければ、本当にキャンペーンやオプションが充実しているプロバイダがわかると思います。

ドコモ光のプロバイダ選びのポイント!

まずは自分にとって一番合っているプロバイダを選び抜くために知っておきたいポイントを解説していきたいと思います。

とはいっても、プロバイダを選び抜く前に基礎知識を身につけておく必要があると思います。

プロバイダというのはエンドユーザーの個人と回線業者をつなぐ役割をしている仲介業者で、プロバイダがなければインターネットが成り立ちません。

プロバイダは光回線とセットになっているものがほとんどとなっていますが、プランによっては別々で契約できるものもあります。

最近になってプロバイダのキャンペーンが手厚くなっていて、月額割引や高額キャッシュバックやゲーム機プレゼントなど多彩な特典が用意されています。

ドコモ光で選べるプロバイダには、GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、ドコモネット、などなど多彩なラインナップがあります。

プロバイダ各社によって割引額などが大幅に違うので、選ぶ時は厳選して、本当に得するようなところを選びましょう。

ポイント1 高額なキャッシュバック

ドコモ光の公式サイトや、店舗から申し込むのではなくて、プロバイダのキャンペーンを通じて申し込むことにより、独自の特典を手に入れることができます。

ちなみに、独自のキャンペーンを最も最高額受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要で、一番高額のキャッシュをバックしているところを選びましょう。

たとえばですが、GMOとくとくBBのキャンペーンだったら2万円もの高額のキャッシュバックをしていて、ドコモ光の数あるプロバイダの中では一番高い金額となっています。

ポイント2 毎月の料金が安いかどうか

ドコモ光のプロバイダは自分で選べるのですが、毎月の支払金額は3つのタイプにわかれていますが、Aタイプを選びましょう。

星の数ほどあるドコモ光のプロバイダの中でもタイプAとBがありますが、これは金額が違うだけであって、中身は全く一緒なので安心してください。

ちなみに、単独タイプと呼ばれているプロバイダとセットじゃないプランでは、基本料金が安くなっていますが、プロバイダを自分で探す必要があるので別契約になり高くなってしまいます。

ポイント3 ルーターを無料でレンタル

プロバイダの中には、光回線を快適に楽しむためのルーター端末を無償でレンタルしているところもたくさんあります。

ルーターを光回線とセットすることにより、家の中ならどこの部屋からでもWi-Fiルーターを通して光回線に接続することができるようになるので、とてもメリットが豊富にあります。

プロバイダの中には超高性能な高額な端末を無料でもらえるところもあるので、Wi-Fiルーターをすでにもっているという人でも、さらにバージョンアップされた機種を手に入れる機械なのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティがしっかりしているか?

プロバイダによっては無料のオプションとしてセキュリティソフトを無料で使わせてくれるところもあります。

無料でウイルス対策ソフトを使えるのは1年くらいなので、こういう対策を万全にしておけば快適な光回線が使えると思います。

ポイント5 スピードが安定しているか

ドコモ光のダウンロードの理論値は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると半減してしまうこともあります。

インターネット環境というのは、各地域に設置された基地局によって成り立っています。

ちなみに、エリアごとに設置された基地局の利用者が多いほど混雑してつながりにくくなるといわれています。

この混雑の対処法としては、v6プラスという接続方式を採用しているプロバイダを契約して、v6プラス接続ができる端末を選ぶことが大切になってきます。

v6プラスという接続なら混雑を生み出しにくくなるので、回線が不安定になったりということも解消されるでしょう。

以上、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツを解説してきましたが、これらすべてを満たしているのが「GMOとくとくBB」なので、当サイト一番おすすめです!

最強に得するプロバイダはこれしかない

ドコモ光を契約するときにどのプロバイダが一番お得なのか、何個かのプロバイダを一覧表にしてみました。

v6プラスというのはプロバイダの接続方法のことで、最新の仕組みとなっています。

自分が使っているエリア内で同時に接続する人が一時的にでも増えてしまうと回線が遅くなってしまいますが、そういったことを回避できるようなメカニズムとなっています。

v6プラスを使っていて回線が遅いという口コミを見たことがないくらいの早さで、v6プラス方式を採用しているプロバイダがそういう意味でもおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧にあるように、GMOとくとくBBや@niftyなどは最高金額の2万円もの高額キャッシュバックをしていて、他の観点から見てもすばらしいプロバイダです。

GMOとくとくBBはさらに、無料でもらえるWi-Fi端末があるので、かなりメリットが多いといえるでしょう。

GMOとくとくBBで無料でもらえる端末のクオリティーは高いものばかりなので、最高速度が速いものばかりのラインナップとなっています。

どれくらい高速なのかを表すために、GMOとくとくBB以外の端末と比較してみたのが下記の一覧表になります。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

以上のように比較してみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーター端末が他のプロバイダでもらえるものを圧倒的に引き離しています。

それぞれのルーターで2つの帯域を使えますが、それぞれの帯域で最高速度が違って、最高速度の違いで店頭価格が違ってきます。

v6プラスの光回線という恵まれた通信環境を最大限に発揮するためには、Wi-Fiルーターは少しでもハイクオリティーのハイスピードのものを使いましょう。

最新の超高速のルーター端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダをサービス面で引き離していると思います。

キャッシュバック総額やキャンペーンやオプションなども優れていますが、端末などのユーザビリティーでも優れている「GMOとくとくBB」はとにかくおすすめのプロバイダです!

ドコモ光のプロバイダ選びなら「GMOとくとくBB」がナンバーワン!

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、ドコモ光を検討している人には一番おすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBは光回線の本契約のみで2万円のキャッシュバックがもらえて、さらに次のようなキャンペーンもついています。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上のような特典がたくさん付いているので、光インターネットを快適に使えると思います。

たとえば、ドコモ光を公式サイトから申し込んだらほとんどなにももらえませんが、プロバイダ経由で申し込むだけで、数万円のキャッシュバックがもらえますし、その他のいろいろな無料オプションが付いてきます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

たとえば、ドコモ光の何の特典もないところから契約した場合は実質的な月額が4300円くらいですが、GMOとくとくBBのキャッシュバックで差し引いたら3800円くらいと、かなり安くなります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、高速で混雑なく使えるv6プラスの接続ができて、最高速度が段違いな端末を無償でレンタルしてくれて、圧倒的にダントツでおすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBの場合は、光回線の速度が安定していて速いという口コミがかなり多く寄せられていて、なんと100Mbpsを下回ったらポイントがもらえるという特典もあります。

プロバイダを変えたいときの変更方法と注意点

ドコモ光を現在利用している人は、プロバイダを変えてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

ここからは、ドコモ光のプロバイダ変更の際の注意点やステップなどについて順を追って解説していきたいと思います。

プロバイダ変更料金とは

ドコモ光でプロバイダだけを変更する時は、以下のような手数料がかかるようになっています。

ドコモ自体の事務手数料が約3000円とプロバイダ自体の解約金や違約金など。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

ちなみに、プロバイダの解約などの手続きはドコモ光がやってくれるので楽ちんです。

ドコモ光がメインの変更は代わりに代行してくれますが、オプションの解約は自分自身で行う必要があります。

ドコモ光へ連絡して変更する

プロバイダの基本的なことであれば、次のような手順を使えばプロバイダを変更することができます。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法というのは、カスタマーセンターへ連絡するだけです。

とはいっても、プロバイダを契約するときに追加のオプションなどを契約しているときは、自分でプロバイダに連絡しなければなりません。

プロバイダへの連絡が追加で必要かどうかはドコモ光に確認してみましょう。

プロバイダを乗り換えると得をするのか?

プロバイダの変更は事務手数料が3300円と少額のコストでまかなえるため、現在使っているプロバイダに不満な点があれば、すぐに乗り換えてもいいと思います。

プロバイダの乗り換えを検討している人のほとんどが、回線が遅いとか安定しないとかそういう理由があると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

プロバイダの独自のキャンペーン以外にも、ドコモ光が公式サイトでやっているキャンペーンを同時並列的に受け取ることができます。

ドコモが公式サイトでやっているキャンペーンとしては、工事費が無料になるものと、ドコモ光セット割りという2つの割引があります。

ドコモスマホ利用なら割引できる

ドコモ光セット割りというのは、ドコモの携帯電話を契約している利用者が、ドコモ光を導入した場合に、月額料金から回線の数x1100円の割引をしているという太っ腹なキャンペーンとなっています。

一例をあげると、家族3人でドコモの携帯電話を契約している場合の割引額は以下のようになっています。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

上記のように、家族みんながドコモユーザーだったら、ドコモ光を導入したらかなりお得になることが一目瞭然ですね。

ドコモ光の工事費が無料になる

ドコモ光セット割りにくわえて、工事費無料キャンペーンというものもあります。

ドコモ光の工事費、戸建ての場合は19800円、マンションの場合は16500円が無料になります。

以上のようなことから、ドコモ光1ギガを新規に契約して、申し込みから7ヶ月以内に利用開始をすると、本来であったら2万円くらいかかる工事費が無料になります。

しかし、NTTの回線を現在使用している人の場合だったら、キャンペーンを利用しなくても無料になります。

ドコモ光の疑問質問に回答

上記まで、ドコモ光の回線のメカニズムやどうやったらお得なプロバイダを選び抜くことができるのかについて、いろいろと解説してきましたが、最後にドコモ光やプロバイダについてよくある質問をまとめてみました。

ドコモ光でゲームをやりたいのですがおすすめはありますか?

ドコモ光でプレステなどのゲームを快適にやりたいときは、ドコモ光の回線速度をマックスで活用できる、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選ぶことが肝要です。

ドコモ光の中でも数あるプロバイダでGMOとくとくBBは高機能なWi-Fiルーターを無料で貸し出していてとても評判がいいプロバイダとなっております。

v6プラスならアクセスが集中する夕方から夜の時間帯でも混雑しにくく、快適な光ファイバー生活を楽しむことができるでしょう。

引っ越しするときはプロバイダへの連絡も必要ですか?

ドコモ光のサービスを移転させるには、プロバイダに別段として連絡する必要性はなく、ドコモ本体のお客様サポートから手続きを済ますことができます。

なお、ドコモの公式から移転手続きをすると、ドコモの専用ポイントがもらえるので、お得になりますよね。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光の回線でテレビを見れますか?

ドコモ光のテレビオプションというオプションをつけると、テレビのアンテナを設置せずにBS放送や地デジを見ることができます。4Kにももちろん対応しています。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

NTTのひかり電話をドコモ光の電話に転用する場合の手続き

転用するときは手続きが必須で、転用した場合には電話番号が継続となります。

なお、ドコモ光の回線契約と、光電話の契約を同時申し込みすると、工事費用はかかりませんのでお得になります。

プロバイダだけを変えたいのですが?

もちろん、ドコモ光を契約したあともプロバイダの変更はできるようになっています。プロバイダの変更はカスタマーセンターから行いましょう。

ドコモ光のプロバイダを変更はできますが、月額料金などが変わることもあるので注意が必要です。

すでに光回線があれば工事不要

派遣員なしで工事をするというのは、ドコモ光に申し込むときに、以下のような理由で新規に光回線を引き込む必要がなくて、ドコモ光のネットを利用できるケースです。

auひかりやソフトバンク光などからドコモ光へ転換したときは、光回線がすでに自宅に引き込まれているので工事が不要になります。

こういったパターンの場合には、既存の光ファイバーを活用して、すぐにでもドコモ光を開通させることが可能です。

派遣なしで工事を完了する場合でも、手数料として2200円が必要になるので注意しましょう。